GoogleMapsAPI無料版とプレミアムの違い

  • GoogleMapsAPIプレミアムの凄い所

    • GoogleMapsAPIはGoogle社が提供するオンライン地図サービスで、無料で自分のサイトに地図を掲載することができます。

      地図の提供は世界中で、地図上に線を引いたりマークするのも可能、デバイスを選ばず利用が可能です。
      驚くべき所は、世界規模のデータベースを丸ごと自分のアプリケーションに組み込むのに以外と負荷が軽く、地図サーバーが不要で動く所です。



      ストリートビューはもちろんのこと目的地迄のルートを目印がわかり易い場所を表示したリストとして提供してくれます。

      無料版ではGoogleのロゴと広告が入ってしまうのは必須のようです。


      GoogleMapsAPI For Bujinessはプレミアム版すなわち有料版です。

      無償版との違いは社内のWebサイトへの導入が可能で、広告掲載を消せること、技術サポート支援があるので独自カスタマイズが可能という所です。


      地図を高額で購入して、紙管理でしかも地図の更新が早いので管理が負担になって困っている企業には、Googleマップを有効活用して負担を軽減できる便利なツールです。



      プレミアム版ではGPS機能と連動できます。位置情報はGPS搭載のスマートフォンでないとダメというわけではなく、PCのブラウザなどからでも取得可能です。


      対象ブラウザはiPhoneやAndroidはもちろん、PCのChrome、FireFox、IEのバージョン9以降などでも動作に問題ありません。
      GoogleMapsAPIのプレミアム版を利用すると地図が身近に感じることでしょう。