GoogleMapsAPI無料版とプレミアムの違い

  • GoogleMapsAPIプレミアムプランについて

    • GoogleMaps はWebやスマートフォンで利用する地図の中でも歴史があり、最もよく使われるものです。

      この地図を使ったアプリケーションを提供する場合はGoogleMapsAPIを利用します。

      それを使うことで、地図の中心位置を指定したり、他の地図との重ね合わせ、マーカーや線の描画ができます。
      そのAPIのプランには無償版と有償版のものがあり、無償版でもある程度のことが実現できますが、有償であるプレミアムプランを使うと、より便利な機能を活用することができます。



      今回はプレミアムプランのメリットを紹介します。
      まずは、GoogleMapsAPIを使って利用者数が多いアプリケーションを構築する際、アクセス数増大の心配なく利用できます。

      無償版ですと、1日あたりのマップロード数やジオコーディング数、ストリートビューイメージ数等の上限が決まっています。


      一方、有償プランでは利用数に応じたサービス利用料を支払うことで上限を超えた利用ができます。



      次に、サポートの充実です。

      無償版ではサポートサービスを受けることができませんが、有償プランではGoogleMapsAPIの安定したサービスの提供が保証されている他、テクニカルサポートを受けることができます。
      3つ目は、上質な地図を利用できます。

      無償版と比較して、最大解像度が高く、縮尺の倍率もより高いものが使えます。



      このように、プレミアムプランを契約することで、アプリケーション開発に慣れていない方でも、高アクセスの地図アプリケーションを作成し、多くの人に使ってもらうことが実現します。
      是非ともこのプランを活用してみてください。